沈黙と受容と感謝

沈黙と受容と感謝

特命和太郎のブログ

奈良岡希実子さん (11)

[はじめに]

このシリーズは…

※1
 内容のほぼすべてが奈良岡希実子さんのことなので、
 関係者以外の方や時間のない方は読まなくても大丈夫です。
 読んでみたい方はご自由にどうぞ。

※2
 2020年の半ばあたりからその時々少しずつ書きためていた文章を、
 今の気分で適当に抜粋して公開しています。
  誤字脱字
  つながりのない箇所
  重複している箇所
  順番が逆になっている箇所
  読みにくい箇所
 …などなど入り交じっているかもしれません。
 「です・ます調」と「だ・である調」が混在していたりもします。
 書き方はエッセイみたいな感じ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

希実子さんの動画について

Nスタの、
「いちごのおいしい季節となりました」としゃべってる動画は何度もループ再生して見たし聞いた!

そこで、いきなり!
ナラキミコの動画で一番好きなのドレかな~って思って選んでみました。
わー!
わー!
はやく言えー!
どの動画だー!

・・・2021年5月2日「SDGsウィークのSunトピ」の紹介動画が見事第1位になりました!

あ~、でもアレも捨てがたいなぁ。
TBS動画で、
希実子さんが「青空が広がっています。私の衣装も、あおー!」と言ってる動画。
その最後の『あおー!』のところがめっちゃ気に入った。好き。言い方が可愛すぎる。
しかも、故意に作ったわざとらしい可愛さじゃなく、自然な可愛さだった。
たぶん普段もあんな感じの人なんだろうなと思う。
あおー!」
やばい…ハマってしもた。
これ、日常生活で使う機会があったら使ってみようかな。
あおー!」
でも私が言っても意味ないな。
奈良岡さんが言わないと「あおー!」の良さ・可愛さが出ない。
奈良岡さんにしかできない"職人技"みたいなもんだよ。

5月23日に希実子さんがアップされた、奈良岡さんがスター型のサングラスをかけていたツイッターの動画。
動画の最後、奈良岡さんがサングラスを小刻みに揺らすパフォーマンスはくまだまさしを彷彿とさせていた。
なかなかおもしろかった。
ツイッターやってないから「いいね」押せない代わりにココで…あっぱれ!

6月1日にTBS天気さんがアップしてくれた、女性気象予報士の方々が踊っている動画。
きみこ姫はダンスが苦手らしくて、
同じ気象予報士で仲良しの宮崎由衣子さんに教えてもらったそうだ。
実は私、宮崎由衣子さんのことも好きだったりする。
といっても、こちらの地域では普段見ることはできなくて、
NHKの夜のニュースに出られていた頃ちょっとだけ見かけた記憶があるだけ。
話を戻そう。
きみこ嬢、心配はいらない。
他のメンバーの踊りもすべて見せてもらったが、ほぼ全員ぎこちなかった(失礼!...笑
きみこ媛の踊っている姿、苦手なのに一生懸命頑張って覚えたんだろうなと伝わってきたよ。
で、一番ダンスが上手なのは誰なのか…じっくり観察してみた。
そしたら、山下佳織気象予報士のダンスが一番キレッキレでなめらかな動きだと感じた。
・・・しかも結構かわいい。
ツイッターで調べて見入ってしまった。
えっ、2001年生まれ!?
若いなぁ、若すぎるなぁ。
もう世代が違うよなぁ…。
会話したらジェネレーションギャップが・・・だろうね。
でもやっぱり可愛いよ。
(浮気したことはナラキミには内緒だぞ)

あのさ。
佳織さんって、ちょっとだけテレビ東京片渕茜アナウンサーに似てるような気がする。私だけ?
片渕さんといえば「開運!なんでも鑑定団」での今ちゃん(今田耕司)とのやりとりがおもしろかった。
なんの話題だったかなぁ。
今ちゃんが高価な焼き物だったか絵画だったか何かを「これ買う」みたいに言ったら、
片渕さんが「わたしにも買って~」って言って、
そしたら今ちゃんが「あの~、ちょっと確認してかまへんかな?・・・なんで?」
その「なんで買わんなんアカンねん!」のツッコミが良かった。
でも裏では買ってあげてるんやろな~。ええな~。
仲良くできてええよな~、オレも仲良くしたいなぁ~、今ちゃんと!(そっちかーい)

そういや…
今ちゃん、テレビ番組で何か言ってたな。
ウーバーイーツのことだったっけ。

 今田耕司
 『夏、ものすごい暑いときに、汗だくの汚い配達している人を見たときに「イヤやな」って思って。』


 有吉弘行
 『めっちゃわかります』


その発言に対して、「"汚い"は問題発言だ!」と非難されたとか。

でもな~
俺、ちょっと分かるなぁ。
今ちゃんは差別的な意味で言ったんじゃないと思うわ。
ん?
差別的な意味で言ってなくてもその発言自体が差別だって?

いや~ 
人生いろいろあるんだよ。
わたくしごとだけど実は以前こんなことがあったんだ。

某超有名ファストフード店にて、
そこの店員がお金を触ったあと、手を消毒もせずその手でパンを触っていた!
もちろんそれは商品のパンだ!
しかもそれがアルバイトなら「あ~ いいかげんな奴なんだな」で終わるかもしれないけれど、
なんと店長だったのだ!!
さらに、そんな輩に限ってちょこまか動く!
「こんなに動いている自分はがんばっている!仕事できる男だ!」とでも思っているのだろうか?
私は心の中で、
「頼むからアンタはジッとしといてくれ。動くな!」と叫びたくなったよ。
でも文句は言わなかった。
クレーム入れてクレーマー認定されてもイヤだしね。
イヤなら行かなきゃいいだけのこと。
で、それ以降その店舗には行かないことにした。二度と行かないと思う。
きたなく扱われたモノは食べたくないから。
 (問題発言か? オレは今ちゃんの仲間だ。)
それにしても…食べ物も可哀相だわ。
もうちょっと綺麗に扱ってやれよ、と言いたい。
自分が食べるならまだしも、人様が食べる物を…しかも売り物をなんだと思っているのか…。
世の中には理解不能な輩がいるもんだなぁ。

とまぁそんなことがあったから、私は今ちゃんや有吉さんの気持ちが分かる。
どうしても「ん?これ汚くないか?」って警戒してしまう。
今ちゃんのその心境、本当によく理解できる。

 ・
 ・
 ・

この一連の会話を『こちら葛飾区亀有公園前派出所』のメンバーが見ていたらどう反応するか、妄想してみた。

両津勘吉
 『食べ物を粗末にしているのはおまえだ!
  そんなことで「食べたくない」なんて言ってたら、
  災害のときどうする気だっ!
  甘ったれんな!!』

秋本麗子
 『両ちゃん、災害の話を出してくるなんて極端よ。
  わたしだって汚いものは食べたくないわ。』

中川圭一
 『そうですよ、先輩。
  僕だって汚いものは食べたくないです。
  そもそもファストフード自体を食べたいとも思いません。』

両津勘吉
 『おい、中川!
  今の発言は庶民を侮辱したぞ!』

中川圭一
 『だって先輩はどんなものでもなんでも食べそうですし…。』

秋本麗子
 『両ちゃんだったらゴキブリでも食べそうよね。』

両津勘吉
 『・・・ぐっ・・・おまえらぁー!それは言い過ぎってもんだろ!!』

大原大次郎
 『コラァ!両津!バッカモン!何をしている?!』

両津勘吉
 『げっ!…ぶ、部長!いつの間に?』

大原大次郎
 『おまえの脳みそは両生類レベルだ。
  おまえが説教していいのは虫さんだけだ。
  それをその小さな脳みそでよーく考えるんだな。
  ま、バカに言ってもわからんだろうが。』

両津勘吉
 『・・・くっそー、言わせておけば・・・』

めがみめぐり <ふ>

めがみめぐり 

 機種:  ニンテンドー3DS
 メーカー:CAPCOM

私がツクモにどのような言葉を覚えさせたか公開するシリーズ!
伊藤彩沙さんもビックリなキーワードが含まれているかも?!

 ※1:一つの言葉が10文字までという文字数制限がある
 ※2:誤字・脱字・重複している言葉があるかもしれない
 ※3:順不同
 ※4:個人情報が特定できる言葉とゲーム内で強制的に覚えさせられる言葉は省く
 ※5:下ネタ+卑猥な言葉は一切覚えさせていない


- - -

 不惜身命
 不撓不屈
 不老不死
 不景気
 不漁
 不良
 不死身
 富士山
 藤田まこと
 藤田平
 福本豊
 福井県
 福岡県
 福島県
 福沢諭吉
 福祉専門学校
 服飾
 普段着
 覆面
 腹筋
 袋
 吹き矢
 付録
 府中市
 富良野市
 伏見稲荷
 蓋
 鮒
 河豚
 船
 船旅
 筆
 筆箱
 古田敦也
 風吹ジュン
 風鈴
 風船
 風呂
 風呂敷
 封筒
 冬のソナタ
 噴水
 ふりかけ
 ふりだし
 ふるさと
 ふんどし
 ファイター
 ファイヤー
 ファイナル
 ファイナルファイト
 ファリス
 ファミ通
 ファミリーマート
 ファンクラブ
 ファンキー
 ファンタ
 ファッション誌
 ファッション雑誌
 ファッションショー
 フィッシュ
 フィッシング
 フィギュアスケート
 フィリピン
 フィンランド
 フィヨルド
 フェイスオフ
 フェルメール
 フェニックス
 フォックス
 フォース
 フォトアルバム
 フォルダ
 フォンダ
 フットガード
 フットサル
 フウセンカズラ
 フースーヤ
 フードコート
 フーコー
 フセイン
 フライパン
 フラッシュ
 フラッシュマン
 フラフープ
 フラダンス
 フラミンゴ
 フラメンコ
 フラワー
 フランコ
 フランス
 フランスパン
 フランソワ
 フランシスコザビエル
 フランダースの犬
 フランチャイズ
 フリージア
 フリーセル
 フリーター
 フリーゲーム
 フリースクール
 フリーズ
 フリーマーケット
 フリーマン
 フリスビー
 フルーツ
 フルーツバスケット
 フレッシュ
 フレッシュジャンプ
 フローネ
 フローラ
 フロンガス
 フロンターレ
 フロントミッション
 FIGHT
 FIFA
 
- - -
今回の感想

 「福山雅治」と「古畑任三郎」を覚えさせていなかった。

 「古畑任三郎
  田村正和さんが死去された後すぐフジテレビ系列で再放送してたな。
  あのシリーズ、もう何回も観てるけどやっぱりおもしろいわ。
  展開と結果が分かってても見入ってしまう&聞き入ってしまう。

文字数制限があるため、スクエニの「ファイナルファンタジー」を覚えさせられないのが悲しい。

文字数制限があるため、ザンギエフの「ファイナルアトミックバスター」を覚えさせられなかった。

文字数制限があるため、ベジータの「ファイナルフラッシュ」を覚え・・・あ、これ覚えさせられるわ!

まんぼう

まん防とは…

緊急事態宣言
これが出ているときは目に見えない緊張感みたいなものがそこそこあるような気がする。

まん延防止等重点措置
始めてそれが出たときはそれなりに効果があったと思う。
何度も出ている今では他の人も言ってるようにやっぱりあまり意味ない気がする

なぜそう思ったか。
ミヤネ屋を見ていたとき。

緊急事態宣言」期間中は奈良岡希実子さんの出番がない。

まん延防止等重点措置」期間中は奈良岡希実子さんの出番がある。

ということで、
その番組を観ている限りでは「まん防」が出ているときと出ていないときの差を感じない。
「まん延防止等重点措置」って、緊張感あるのかな…。

番組の話に戻すと、
個人的には奈良岡さんを見られて嬉しい。
しかし、そのたった3分ほどの出番のために長距離移動している希実子さんの気持ちはどうなんだろう?
もしご本人が東京-大阪間の移動を「ん?」と感じていたとすれば…
そのリスクを考えたとき、私が関係者なら少し心配するかも。
大丈夫か?とか、割に合うのか?とか。
でも逆に、
考えようによっちゃ、外に出るのが好きな人にとってはそのたった数分が外出するキッカケになるからむしろ助かるはず。
ご本人が納得しているのならそれでいい。何も言うことはない。
それに、私はキミさんの性格を細かいところまで知らないし、
部外者の私がどうたらこうたら言う問題でもない。

ところで、
このコロナ禍での県またぎ長距離移動を"リスク"と言っている私は、
新型コロナはただの風邪派の人から見れば、
新型コロナ情報に踊らされている"コロナ脳"のイタい奴と映っているかもしれない

おぼっちゃまくん』でおなじみの小林よしのりさんは、
「外出や会食を非難する人は恐怖に支配されたコロナ脳だ!」と発言している…らしい。
そういう記事を見た。実際に言ってるところは見ていない。
もしそれが真実だとしたら、
私は外出を非難したことはないが、どちらかといえば外出自粛要請に協力している派。
だからもう小林さんとは「ぜっこーもん」ばぁい。

…だけどなぁ。
元々かなり慎重派の私ですら、
数ヶ月くらい前から何が正しくて何が間違っているのかわからなくなるときがあるんだよなぁ。
慎重派でもそう思うときがあるくらいだから、
最初から新型コロナはただの風邪タイプの人にとっては「大したことない」と言うのもわかる。
ってことは、小林さんとは「ともだちんこ」ばぁい。

・・・いや!
やっぱり真面目に色々と守っていて"コロナ脳"と言われるのは心外だ。
「おこっていまシューマイ!」
「ふざけんじゃがいも!」
「ちゃんと星矢!」
「バーガーやろう!」
「おまえなんか好カンジナビア!」
「いいかげんにしロケット!」

・・・いろいろ偉そうに言ってしまって「ゆるしてクリンチ!」

はてなブログ 過去へGO!

こよみモード

今更ながら…
自分自身のはてなブログ「こよみモード」を眺めていて、ふと考えた。

知ってる人にとっては当たり前のことなのかもしれないけれど
『もう過ぎ去った日に後から記事を投稿できるのかな?』って気になったから
『まさかそんなことできないだろ~』と思いながら試してみた。

テスト

  ・・・できてしまった!

 

f:id:tokumei_wa_kazutaro:20210624071341j:plain

過去の日に投稿・・・

なんじゃこりゃ?!

しかもクリックして確認したら日付もしっかり過去の日に投稿したことになっていた。

この機能、
『どうしてもあの日にあの記事を投稿したかったのに・・・(涙)』という人や場合にはすごく親切で便利な機能。

だけど、個人的にはこの機能は必要ないんじゃないか?って思う。

だってこの機能使ったら、

 ●普段毎日記事投稿していなくても後から書き足していって、
  結果的に「毎日かかさず投稿してました=皆勤!」みたいにごまかせてしまう。

 ●予言や予想を、後から書いて当たったことにできてしまう。

 ●他の人の企画や思いつきを、後から書いて自分が先にやっていたことにできてしまう。

私なんて過去にきっちり皆勤にチャレンジしていて、
グリーンスターもらえるかも!なんて考えながらミスしないよう必死に頑張っていて、
2ヶ月間ほど連続で皆勤達成できたのに結局あれは一体何だったんだ?ってなる。
(ちなみにグリーンスターも何ももらえなかった)

ということで、現時点では私はこの機能を使うことはないと思う。

でも「絶対に使わない!」と言うのだけはやめておく。
でないと、
最初FAの制度に反対していたのに結局FAの権利を一番はじめに使った落合博満みたいになっちゃうから。
ということで、
今後もしかすると使うかも知れない。その可能性もないわけではない。

<お知らせ>ブログ整理整頓

ブログ整理整頓

本日2021年6月23日~

①自分のブログ記事すべてを見返して整理整頓!
 ・長すぎる記事
 ・短すぎる記事
 ・中途半端な記事
 ・愚痴っぽい記事

  …などなどを削除もしくは非公開にしてスッキリさせる。

余裕があれば、いつか記事内容を分割したり統合したりしてまとめたい。

 ※いただいたスターとコメントも同時に消えた場合は申し訳ない。

②増えすぎたカテゴリーも整理整頓!

③この記事はこのまま残すかそれとも消すかは未定!

奈良岡希実子さん (5)

2021年621
ならおかきみこ
 誕生日おめでとうございます

f:id:tokumei_wa_kazutaro:20210619205931j:plain

奈良岡希実子

描いてみた♪
ノートに描いてからスキャンして見たら・・・ちょっと字が薄い?
ボールペン使わずに鉛筆で描いただけ。
昔よく"字が薄い"って言われたのを思い出した。

奈良岡希実子さんの「」にリンゴが5つ実っている。
色は塗らなかった。
ナラキミに塗ってもらいたいから。(というのは冗談)

希実子さん、動画で「26才になりました」と報告されてた。
 ・
 ・
 ・
え? どういうこと?!

奈良岡希実子さん (8)

[はじめに]

このシリーズは…

※1
 内容のほぼすべてが奈良岡希実子さんのことなので、
 関係者以外の方や時間のない方は楽しめないかもしれません。
 読んでみたい方はご自由にどうぞ。

※2
 2020年の半ばあたりからその時々少しずつ書きためていた文章を、
 そのときの気分で適当に抜粋して公開しています。
  誤字脱字
  つながりのない箇所
  重複している箇所
  順番が逆になっている箇所
  読みにくい箇所
 …などなど入り交じっているかもしれません。
 「です・ます調」と「だ・である調」が混在していたりもします。
 書き方はエッセイみたいな感じ。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

奈良岡さんの身長について。
公式発表で、151㎝のところと、152㎝のところがある。
一体どちらが本当なのか。どちらが真実なのか。
まさか、ストⅡのダルシムのような伸縮自在能力をお持ちだったりして…。
なんて冗談は置いといて、その1㎝の誤差が気になるな。
たかが1㎝されど1㎝。
1㎝を笑う者は1㎝に泣くとも言うぞ。
・・・ん?ちょっと違ったっけな?
実際の身長がいくつか、それは神のみぞ知る。
・・・いやいや、ご本人が分かってらっしゃるはずだ。

明るい明日を (1)

明るい明日を』 (PARCO出版) [著]美輪明宏

f:id:tokumei_wa_kazutaro:20210618210341j:plain

明るい明日を

出版年月日:2012年4月4日

(本書は、2008年1月から2011年3月まで、
 スポーツニッポン紙上で掲載されたコラム「明るい明日を」を書籍化したものです。)

 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
この本を久しぶりに引っ張り出してきた。
少しずつ読みながら思ったことや感じたことなどを書いていきたい。

 - - - - - - - - 
P.10~

>「今こそ政官の関係に変化を」

>今年(2008年)は衆議院解散総選挙が行われる年

 まったく何も思い出せねぇー
 だけど思い出せなくてもぜんぜん悔しくねぇー
 どうでもよすぎるー うぉー

>ひとつの政党が長い間、政権を握ると、癒着ができます。

 政界って、悪い意味でいつまで経っても変わらない世界ですよね。

>「いろはにほへと ちりぬるを わかよたれそ つねならむ」

 古文や漢文は苦手でござる…。
 大変申し訳なく思いゴメンつかまつり候!
   (それらしいセリフ言ってみた)

>常であってはいけないということで「諸行無常」という言葉もあります。
>それが地球の法則、世の中の法則なのです。
>変わらないというのは法則に反しています。

 絶対的な地球の法則・・・それに反する言動をとり続けていると、
 いつか(これがいつかわからないから人間は調子に乗る)
 とんでもないことが起きると思います。
 政治家のみなさん、あの世と未来世が楽しみですね・・・わっはっは!

>政官界の人たちは初心を忘れてしまいました。

 ん?
 その言い方だと、元々は良い人でした…みたいに聞こえますよ。
 元々良い人が政治家に立候補なんてするかしらん?(美輪さんのマネをしてみた)
 
 確かに、まれに純粋な志で立候補する人もいるでしょう。
 でも一度でもあの世界に足を踏み入れてしまうと、
 想像以上にあまりにもおいしすぎる世界・商売なので、誰しも変わっちゃうと思います。
 人間らしいっちゃ人間らしいですがね。
 そういう意味では「諸行無常」かもしれません。悪い意味で…ね。

>人様のお金(税金)でいただいた給料を悪用したら泥棒です。

 シャバの世界での"非常識"が、政界では"常識"なのでしょうか。
 この記事が世に出てから12年以上経っていますが、いまだに同じようなことが横行してまっせ。
 特権階級?
 上級国民?

>昨年(2007年)の守屋武昌前防衛事務次官の事件

 まったく覚えてない!
 本には、ご丁寧に注釈が書かれてあった。
 「長年にわたって接待を受けた見返りに便宜を図った収賄容疑」だってさ。
 ほんっと、いつもいつまでもこんなことばっかですね。

>昨年(2007年)の『今年の漢字』は「偽」でしたが、私は「卑劣」こそが代表する言葉だと思っています。

 美輪さん、おもしろすぎる!(笑
 『今年の漢字』は一文字だから「卑劣」はありえない…(苦笑
 
 あ、これは決してバカにして笑ってるわけではありません!
 文章だとキツく見えてしまって誤解を招いてしまうのでそれは言っておきます。
 純粋におもしろいなぁ、と。
 美輪さんがそこまで計算されておっしゃってるのか?
 どっちにしろ、空気がなごむからそういうのは個人的に好き!

 ま、政界の汚職などを一文字で表そうとするほうが無理あるかも。

>自民党民主党の大連立騒動、渡辺恒雄読売新聞グループ本社会長が持ちかけたとか、自民党から言い出したとか、いやそうじゃないとか、小沢さんが辞任撤回で涙ぐんだり…。
>子供の使いじゃあるまいし、と思います。

 これに関してもまったく覚えてませんわ。
 それにしても、いつの時代も同じような茶番ばかりやってますね。
 今回、私のセリフも同じような言い回しばかりになってしまってる…。

  悪さをして、
  嘘をついて、
  秘書のせいにして、
  適当にごまかし続けて、
  国民が忘れるのを待つ、

   ・・・毎回その作戦ですな。

>他人がやったことでも「私が悪うございました」と頭を下げれば男が上がる。

 そういう人、今まで一人でもいましたっけ?
 それどころか、自分がやったことでも他人のせいにしている人だらけですよ(笑

 私は「政治家は先生ではない」と思っている人間ですが、
 もし他人がやったことでも「私が悪うございました」と頭を下げられる政治家がいるなら、
 その人のことは「先生」と呼びたいです。
 でも『俺が全部責任をとってやる』と言えるような政治家がもしいたとしても…
 そういう立派な人はそもそも自分が「先生」と呼ばれてあがめたてまつられたりチヤホヤされたりするのが目的で政治家にはなってないと思うんですよね。
 だから別におだてたり媚びたりする必要もないから、やっぱり「先生」とは呼ばなくていいかも。
 ということで、
  器の小さな政治家も、
  立派な政治家も、
 どちらも「先生」と呼ぶ必要はない・・・というのが現時点での私の答えです。
 ま、おだてたらすぐ喜ぶような人に対してはわざと「先生」と呼んで媚びて虎の威を借るのも処世術の一つとしてはいいかもね。私はしないけど。

- - - - -

第一回目の記事を書き終えて思ったこと。
書き終えてからよく考えてみると、この本は社会の"悪"をぶったぎる内容で、そのほとんどが政治の話題。
私は自身のブログのプロフィール欄に、
「宗教のこと・政治のことには首を突っ込まず、そのほか悪口なども書き込まず、論評もできるだけしない。」のようなことを書いている。
その時々で多少考えが変わったりしてプロフを書き直すことがあっても、
基本的には自分の中のその根本的な部分のルールはブログ内に限らずいつでもいつまでもどこでも持ち続けるつもりでいる。
しかし、そのルールを守っていると、この類いの本の感想や批評などは書けなくなってしまう。
さてどうしようか。
ルールを貫き通すか。
それとも、今までも論評してるからこのままいっちゃうか。
あるいは、秘書のせいにしてしまうか。

ちなみに、私が執拗に「論評しないようにする」と言ってるのは、
決して"私は悪口や批判をしない良い人です"みたいに格好をつけたいわけではない。
(事実、実践できてないし。)
「論評しない」にこだわっている理由は、
自分が発した「想念・言葉・行動」はすべて自分自身に返ってくると"宇宙の法則"で言われていて、
誰かを悪く言ったり批判したりすると最終的に自分に返ってきて自分がつらくなりそうだから、
"自分のために"「論評しない」とこだわっている。自分のことがかわいいからね。
なかなか思い通りに実践できていないんだけど・・・。
もうちょっと自分を大切にしようとその都度感じている。

"想念"の部分がしばらく自身の大きな課題になりそう。
言葉や行動は理性で誰でもある程度はコントロールできる。
ただ、想念は自然と湧き出てくるものだから厄介だ。
しかも想念は目に見えないからそれをしていることに自覚すらできず、
延々と考え事をしている(悪い想念を出し続けている)場合だってある。
マインドフルネスでもしてよほど注意しないと難しい。
こうやってイチイチ文章化しておおやけにすることで、そのたびに自分自身に言い聞かせ見せて戒める作戦。
救いとして"想念"は言葉や行動と比べた場合、すぐにカルマが目の前で現象化するわけではないという点。
ある程度時間の猶予が与えられている。
ということは?
悪い想念が思い浮かんできたらポジティブな想念や言葉を思い浮かべてカバーしてあげるとカルマが現象化されずに済む、とのこと。
ん?
データを示せって?
現時点での科学では解明できておりませ~ん!