特命和太郎

沈黙と受容と感謝

特命和太郎のブログ

口癖や声

テレビ番組やラジオ番組を視聴していて個人的に感じたこと。

しゃべっている人の中には、

 「あの~」
 「その~」
 「え~」
 「あ~」
 「やっぱり」
 「本当に」

…などの口癖を頻繁に発している人がいて、
聴いていてストレスになってしまう。
気になりだしたらそのコトバばかりが耳についてしまい、
本題が頭に入ってこなくなる。
そういうとき私は、
「勘弁してくれ…あと3回『え~』って言ったら消そう…」みたいに自分で決める。
そしてその結果、大抵の場合は話(コーナー)が終了するまでに消すことになる(笑

 

番組内でそういう口癖や声の人がしゃべっていると、
せっかく興味のあるジャンルの話でも聞くのがイヤになってしまう。
話してる側にとってもこれは損ではないか?
話の内容が良くても、ちょっとした口癖のために聞いてもらえなくなったらもったいない。
プライベートでやる分には自由だし全く問題ないけれど、公の場に出て金銭を貰っているのならもう少しトークの練習をしていただけたらありがたいなぁ…と思う。 

 

それか、現在の科学は進歩しているから、
自分が気に入らない単語だけをピンポイントで消すようなアプリでも開発されれば・・・。

- - -
 
話を変えて、

私がこれまで聞いてて心地よいと感じた声のアナウンサーは誰かな~と、考えた。

 

○真っ先に思い浮かんだのは、

 合原明子さん

 あの人の声は、穏やかで優しいから好きだ。癒される。
 今まで聞いた声の中では一番かもしれない。

 

○可愛いなぁと思ったのは、

 森下絵理香さん

 英検1級ってすごすぎるでしょ。
 1級って、アメリカ人やイギリス人でも合格するとは限らんぞ。
 アメリカ人に話しかけられた時、とにかく「Oh!YES.」みたいな返ししかできない自分には一生取れない資格だ。
 「オーマイガッ! ナニがグレートなのデスか?」と聞き返されそうな気がする。

 一時期、外国の方(観光旅行のお客さん)から道を尋ねられたり、カメラで写真を撮ってくれと頼まれたことが何回もあったからなぁ…。

 「ザオシャンハ~ォ!」と、こんなところでは威勢がいいくせに、実際そういう場面になったら、「あ・・・えっと・・・その・・・」となってしまうパターン。

 さて、話を戻そう。

 ほんで、趣味が「アコギ」らしい。
 アコースティックギターの略やね。
 最初「あこぎな金儲け」のことかと思ったわ(笑
 …ざんねん! 

   (そりゃあギター違い)

 【アコギ】意味:義理人情に欠けていて、強欲であくどいさま。

 

○一生懸命さが伝わってきたのは、

 杉浦みずきさん

 ピアノがお上手らしい。
 私は「めちゃコミック」のCMで始めて知った人。可愛いCMだった。

- - -
 
他にもいっぱいいる。
挙げていくとキリがない。
 
逆に、アナウンサーでこの記事の冒頭に書いたような口癖を連発する人なんているのかな?
これまで私が聞いた限りで、記憶の範囲内ではいない。
耳障りなしゃべり方や声をしているアナウンサーを探すほうが難しいよね。
そういう人っている?
見つかっても絶対に書かないけど。