沈黙と受容と感謝

沈黙と受容と感謝

特命和太郎のブログ

薄味!タモリ!茨城県!

こんばんは。

今回もお越しくださり、誠にありがとうございます。

では、さっそく始めましょう。

 

1,薄味

 

私は薄味が好きだ。

 

食べ物や料理に、ソース・醤油・ドレッシングなどはほとんどかけない。

 

納豆にはタレが付いているけれど、あれは味が濃すぎるからかけちゃうと納豆本来の味が変わってしまう。
なので私はタレを捨て、納豆オンリーを「おいしい!おいしい!」と言いながら食べる。

 

豆腐も、醤油をかけずにそのまま食べる。うまい!

 

焼きそばも、ソースの付いていないところを好んで食べる。デリシャス!

 

味噌汁も、汁は味が濃いから残す。ベリーグッ!

 

ラーメンも、汁は飲まない。ワァォ!
だから私は「汁から飲め!」とか「汁を残すな!」と頑固な店主が激怒するラーメン店には行けないのだ。

 

といった感じで、
食材本来の味を楽しみたい私は、あまり調味料を使わない。

 

2,タモリ

 

聞いた話によると、タモリさんは蕎麦屋に入ったとき、蕎麦を食べずに「つゆ」をごくごく飲むそうだ。Oh No!
私とは全くタイプが違うな。アウチ!
だがしかし、私はタモリさんとは合わない…なんてことは思わない。

むしろ逆だ。Wow!
もし私がタモリさんとお友達になったら、一緒に蕎麦屋に入ったとき、注文する蕎麦は一人分でいけることになる。
割り勘にすると半額で食べられる。
タモリさんと友達になったら、食費が浮く。
ということでタモリさんと友達になりたいのだが、タモリさんはお金持ちだからわざわざ私と友達になって注文一人分で食費を割り勘にするメリットがない。
もし私がタモリさんと友達になってもらいたいのなら、

タモリさんが私と友達になったらどういうメリットがあるかを私が示さないとダメだ。

 

…必死に考えた。

ひとつ見つかった。

 

タモリさんは妄想族らしい。
私も妄想族だ。
妄想つながりで意気投合すれば、タモリさんにとってもそれはメリットだろう。
妄想の分野だったら、タモリさんに負けない&楽しませる自信がある。
俺は武士だぞ!強いんだぞ!
日頃からいろんな妄想をひとりで楽しんでいるからな。そっち系は任せてほしい。

 

3,茨城県

 

あ、そうそう。

茨城県
 2020年・都道府県魅力度ランキング42位(最下位脱出)おめでとう!

 

茨城県民に憧れている私にとっては自分のことのように嬉しい
こういう言い方をすると「お世辞だろ?」と思う人もいるかもしれないが、それは違う。

お世辞ではない。
 ・
 ・
 ・
社交辞令だ。

  なぁ~んてオチじゃないから本当に安心してほしい(笑)。

 

私は茨城県の人間ではないし、茨城県と何の接点もない。全く関係ない。無関係。
だけど、本気で茨城のことが好きなんだ。
何が好きかって?
どこが好きかって?
今まで生きてきて感じているのは、
 「ヒト」
茨城の人はみんなあったかくて良い人ばかり
悪い人なんているの?そんな人を見たことがない。
だから私は茨城のことが大好きなんだ。
 ・
 ・
 ・
 どうしよ!
 もう完全に茨城県民のハートわしづかみにしてしもたで。
 ツイッターのトレンドに「茨城"愛"宇宙一の男」として載るかもしれんな。
 俺のこと「神さま」と呼ぶ茨城県民が出てくるかもしれん。
 よし、このついでにもっとハートをわしづかみにしたろ。

 

私、茨城県民になってもいいと思ってるのよ!(どや顔)

 

 …これで完全に決まったやろ。メロメロやろ。

 

<最後の一押し>
  茨城県の良いところ50コ言えます!(どや顔)

 

 もう完璧すぎるで。 
 茨城県民のみなさまがこの記事を読んだら号泣するだろうなぁ…。

 人を泣かせる罪な男だよ、俺は・・・。

 

ん?
茨城県の良いところ50コ、今ここで教えてくれって?

いや、それは言わない。
だってそれを言っちゃうと他にも茨城県のことを好きになる人がたくさん出てきちゃう可能性がある。
そうなると私の好きな茨城県が誰かに取られちゃうかもしれない。
茨城は私だけのもんだ!誰にも取られたくない。取らせない。
だから茨城の良いところは教えない!教えたくない!
茨城県の良いところたくさん知ってるし言おうと思えばいくらでも言えるけど、
そういう理由があって言いたくない。
言わないほうがいい。
言う必要がない、必要性を感じない。
何があっても言うつもりはない。絶対に言わない。
私は茨城を独り占めしたいの。
この気持ち分かるでしょ?
分かってくれるよね?
 
 …分かってくれて、どうもありがとうネ!

追記
  誰も苦情を送ってこない。
  やはり茨城の人は良い人ばかりだ。
  私が茨城の良いところをあえて挙げない理由は上記の、
  1,茨城を独り占めしたい(言ってしまうと茨城のファンが増えるからイヤ)
  …以外にも、
  2,挙げていったらキリがない
  3,本当の魅力は言葉ではなかなか表現できない
  …もあるよ。