沈黙と受容と感謝

沈黙と受容と感謝

特命和太郎のブログ

冊子紹介シリーズ-1

アニあん! 2014 spring

f:id:tokumei_wa_kazutaro:20210416201807j:plain

アニあん! 2014 spring


○付いていた本『金田一少年の事件簿R』(講談社

 - - - - - 
ビックリした…
googleで検索していたら、
なんと!この小冊子と同じ物がメルカリにて約300円くらいで出品されていた。
ただの小冊子だぞ。
数ページのペラペラの紙だぞ。
元は0円だぞ。
しかも講談社の公式ホームページに行けば、この表紙だけでなく中身までPDF形式で見せてもらえるんだぞ。
なのにこれが売り物になるのか?
今の時代はこういう物でも売買できてしまうのか?
前々から売買されていてそういう市場があることに私が気付いていなかっただけか?
あるいは上記が珍しいケースなのか?
何なのかよくわからないけれど、新しい発見だった。