沈黙と受容と感謝

沈黙と受容と感謝

特命和太郎のブログ

奈良岡希実子さん (30)

[はじめに]
 このシリーズは・・・

 内容がほぼ奈良岡希実子さんのことで、
 しかも長文なので読むのに時間がかかると思います。
 関係者以外の方や時間のない方は読まないほうがいいかもしれません。
 よほど興味・関心のある方はどうぞ。
 (奈良岡さん以外のことも結構書いていたりしますけど)

 2020年頃から書きためていた文章やら新しい文章やらを強引にまとめた内容です。
 なので、
  誤字脱字
  つながりのない箇所
  重複している箇所
  順番が逆になっている箇所
  読みにくい箇所
 …などなどあるかもしれません。
 「です・ます調」と「だ・である調」が混在していたりもします。
 書き方はエッセイみたいな感じです。

それではスタート!

 ↓ ↓ ↓

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
※今回は記事タイトル「奈良岡希実子さん」なのに、奈良岡さんの話題はあまり出てきていない。
TBS天気さん関連の話が多い。

ある日、奈良岡さんのツイッター(正式にはTBS天気さんのツイッター)に、
ナラキミの新しいダンス動画(2本目)が公開されてあった。

その動画を観て、ひとつだけ気になったことがある。
先に書いておく。
これは完全に私の憶測であり妄想だ。
私のブログ…
奈良岡さんに見られていることはないと思うけど、もしかするとTBS天気さんの関係者の方に見られているんじゃないか?と。
しかもかなりの重鎮に!
なぜなら過去を遡れば…

まず一つ目。
私がブログで「Nスタの奈良岡さんが出ているコーナー(Sunトピ)は私の地域では放送されていない」と嘆いた内容の記事を投稿した直後らへんから、頻繁にTBS天気さんのツイッターYouTubeにSunトピの動画が公開されるようになった。(ありがとう!)

次に二つ目。
同じくブログ内で「山下佳織気象予報士が可愛い」と書いたあと、山下佳織さんがTBS朝番組『THE TIME'』『THE TIME,』のレギュラーに決まった。(おめでとう!)

そして三つ目が最初に話したダンス動画。
私がブログ内で「ダンスぎこちなかった」と書いて(しまった)、その後にナラキミの2本目のダンス動画が・・・。

割と権力のある人に見られてるんじゃないか?!

三つ目に関して伝えておきたいことがある。
もしかしたら誤解されているかもしれないのだ。
私は確かに「ぎこちない」と書いた。
だがそれは決して悪意があるわけでなく、その言葉のあとすぐ補足したように、
「逆に一生懸命さが伝わってきて良かった」ということ。
ここ↑のほうが重要なのに、
コンピュータの文字はキツく見えてしまって誤解されることがあるのでそこが気になっていたりする。
その「ぎこちない」発言にネガティブな意味合いは全然含まれていない。

以下はわたくしごと。

世間一般にはネガティブな意味合いを持つ言葉や表現がある。
しかし、それらの言葉や表現でも、私の価値観・性格・考えではまったく違う捉え方をするパターンが割とあって、

まずは"天気"に関して。
たとえば、「暑い」という言葉は「天気の悪口」と言う人がいる。
けれど、私にとって「暑い」はまったく悪口ではなく、むしろ真夏のキツい太陽の日差しを浴びて汗をかきながら発する「暑い」は、「心地よい」「自分の中の悪いものが汗と一緒に流れおちていって自身が浄化されているような気がする」などと同義語なのである。
こういうパターンが結構あったりする。
「雨」だって、世間一般では「天気が悪い」というイメージがあるけれど、私は雨も好きだ。
もちろん、だからといって「雨のことを"天気が悪い"と決めつけるのはけしからん!誰が決めたんだ!」などと言うつもりはない。
(前にそういうこと言ってる人が本当にいた...笑)

他にも"歌"がそう。
当たり前だけど世間一般の大半の人は上手な歌を好む。
しかし私にとっては歌がいくら上手でも毎回口パクの歌には「う~ん、なんかもったいない。」と感じ、
逆に音程がズレようが歌詞を間違えようが毎回ちゃんと唄ってくる歌には心が動かされたりする。
後者は、うまく表現できないけれどこちらの心に響いてくるものがある。
いまだに覚えてるのが、昔「ミュージックステーション」でGLAYのTERUが歌詞を間違えて「やっちまった!」という顔をしたシーン。あれは良い意味で印象に残っている。なんかかっこよかった。
(TERUは歌下手じゃないからなおさら良かった)
そういう感じ方・捉え方をする私が、世間一般でいう下手な歌のことを「今の歌良かったなぁ」などと言おうものなら、
表面上だけ見たら確かに言葉足らずだから「嫌味だ」などととらわれかねない。
しかし、上の説明通り、嫌味で言ってるわけではなく本音を言っているんだ。

スポーツに関してもそう。
私は昔から弱いチームが好きだ。
強いチームだと常に勝って当たり前だから負けるたびに落ち込まなきゃいけない。おもしろくない。
弱いチームだと常に負けているからたまに勝ったときに喜べる。
しかも私の場合、その弱いチームが常勝軍団になってしまったらその途端冷めてしまう。
阪神タイガースがずっと優勝できなかったのに、2003年と2005年に優勝した。
素晴らしかった。感動した。星野仙一さんもかっこよかった。
でもその後、冷めてしまった。
巨人戦になると「にゃ~♡」と弱くなるダメ虎(猫ちゃん)が好きなんだ。
ダメな子ほど可愛い。
それくらい弱いチームが好きということ。
あと、不人気なチームも嫌いではない。
フツーだったらその分野に興味がない人って、だいたい強いチームや人気チームを好きになるところから入るよね。私はその逆の傾向が強い。
知らないスポーツの場合、「人気のない弱いチームってどこ?」と聞いて、応援するのはそこにする。
Jリーグも、最下位争いしていた頃の弱い浦和レッドダイヤモンズが好きだった。
あの時の浦和レッズ名古屋グランパスエイトガンバ大阪は私にとって最強トリオだった。
鹿島アントラーズヴェルディ川崎なんて見向きもしなかったわ。
これ、世間の人とはズレている感覚だと思う。
だからそんな私が「弱いチームが好き」と言うと、
まれに表面上だけ見て「嫌味だ」とか「馬鹿にしている」と思われたりする。
が、これも上記の説明通り、そういう意味ではない。

有名人に関してもそう。
ずっと好きだった人にブワァーっと人気が出たらフツーは喜ぶもんだけど、
私の場合は「もう自分が応援する意味がない。必要性を感じない。」と考えてしまい、急に冷めた気持ちになる。
だからどちらかというと人気のない人に興味を抱くことのほうが多い。
これに関しても「人気のない人が好き」と言っちゃったら、
表面上だけ見たら悪口とか嫌味を言っているみたいにとらえられてしまうことがある。
が、これももちろん実際はまったく逆の意味だったりする。

こんな感じで私の人生、
上記のように(政治家の失言レベルとは全然違うけれど)言葉の使い方によって誤解されることもこれまで何度かあったりしたから、
できる限り日頃から、
あれこれと首を突っ込んで中途半端にいろいろと論評しないようにしたり、
あまりペラペラしゃべらないようにしたり、
言葉を選んだりして気をつけているが、
今回改めて"言葉"には気をつけようと思った。
言葉の大切さを思い知らされた。

正直、最近の"行きすぎた"「総ツッコミ」にはめんどくさく感じることはあるけれど仕方ない。

めんどくさいといえば、
誤解されないためor誤解されてしまったときに、
今回のように丁寧に言葉を選んで長く説明すればそれはそれで「長い」「回りくどい」「うざい」など言われることがある点もそうだ。
だからといって何も気遣わず、説明も挨拶もお礼も謝罪もせず過ごすような人生は人間として違和感がある&不可能だし・・・
まぁどっちにしても誰かから何かはつっこまれる。
全ての人に自分の思い通り納得してもらうのは無理っちゅーこっちゃな。
やっぱり"言葉"って難しいなぁ…。

後世に伝えられているブッダやキリストの言葉も、
本人たちが書き記した言葉は一つもなく、後から生まれいでた弟子達が自分たちの色眼鏡・主観を込めてダラダラ書いているだけで、実際にブッダやキリストの"生きた言葉"というものは一つもないわけで、それどころかいまだに誤解されて伝わっている&誤解されてとらえられてしまっている言葉も多いと聞く。
それくらい"言葉"というものは・・・・
同じ言葉でも、
 誰が言ったか、
 どの場所で言ったか
 どのタイミングで言ったか、
 どういう心境で言ったか、
…などによって意味合いが大きく違ってくるから、
ひとつの"言葉"というものを的確に理解するのは難しい。
だからこそ、ブッダやキリストはあえて言葉を紙に書いて残すということをしなかったのかもしれない。
あのレヴェルの頭脳の持ち主たちだから、文字を書くことができなかったなんてことはありえないしね。

まとめ。
言葉の意味合いを完璧に理解すること&言葉で万人を完璧に納得させるのは不可能!

・・・なんだか考えすぎで脳みそのシワがまた増えた。
私が間寛平だったら「脳みそバーン!」と叫んでいるところだ。

ということで、ダンスの話に戻ると、
ネガティブな意味合いで「ぎこちない」と言ったのではなく、ポジティブな意味合いで言った。

長々と書いてきたけれど肝心なポイントがある。

この記事の一連の内容は、
あくまで「私のブログがTBS天気さんに見られている」
なおかつ「私の発言が誤解されている」
という私の憶測2つが両方とも当たっているという前提の話であって、
実際その憶測は外れていて、
全然見られもしていないし、
誤解もされていない可能性がある。
むしろその確率のほうが高いかもしれない。
見られている可能性のほうは現在の消費税くらいの確率だろうと考えている。
なので、この文章を読んでいる人・・・
(たぶん全文読んでくれているのはこの世界中で5,6人くらいしかいないはず。あなたは選ばれし者です!)は、
私が一人で勝手に「もしかしたら…?!」みたいな妄想をして心配になっていたり、
私が一人で勝手にワクワク楽しんでいる。
…と、そう思ってもらいたい。
事実、こうやって文章を書いているときは楽しくて時が経つのを忘れている。(公開する公開しないに関わらず)

本当に世界中で5,6人くらいしか全文読んでくれてないと思うから、
私がここで「ウンコ!」とか書いて叫んでも、誰も『下品だぞ』なんて指摘してこないだろう。
それ以前に誰も気付いていないはず。
・・・またしても話が脱糞してしまった。
いや! 話が脱線してしまった。脱糞はしていない。

さてと。
ただ、ここでまたもう一つ気になることがある。
もし…だよ。
もしかして…だけど。
TBS天気さんに本当に見られているとすれば・・・
そして、上記の内容(ネガティブな意味合いと誤解される可能性がある私の発言)が原因でナラキミ2本目のダンス動画公開を決めたとしたならば・・・
ではそのときのTBS天気さん担当者さんはどんな心境でナラキミ2本目のダンス動画の公開することに決めたんだろう?
私の発言「ぎこちない」がどうとらえられていたのか考えてみよう。

TBS上層部の人の考えとして…

まず考えられることは、
一つ目、
「この人(特命)は奈良岡さんのダンスに満足していないんだな。よし、ではもう1本ダンス動画を公開して喜ばせてあげよう♪」と、善意で公開してくださった。
(ありがとうございます!)

次に考えられることは、
「希実子は私の大切な人だ。希実子の名誉のために改めてダンス動画を公開しよう!」と。
(動画は良かったですが、私のナラキミを取らないでください!)

最後に、
「こんのやろぉ~。人がせっかく企画して、奈良岡さんも頑張ってるのに…何を言ってやがんだ。よーし、見ておけよ。もう1本すんごいダンス動画を公開してやるからな!」と、私を黙らせるために怒って公開した。

 ↑ ↑ ↑
この最後の…問題はこれだ!
う~ん・・・これは大変!大変なことになったぞ!
もしこれが原因だとしたら、私はTBS天気さんに目を付けられていることになる。
大きな組織を敵に回してしまった。
これには闇の組織と戦い続けるコナンくんもビックリだ。
(しまった!他局のアニメだ!)
そういえば日曜日の夕方、Nスタ放送中の時間帯に私は「笑点」を見ていると過去の記事で書いたな・・・
その記事も読まれているのならば…マズい!非常にマズいことになってきた!
そういえばこの前の日曜日(2021年10月31日)も選挙投票を終えてから「笑点」見てたわ。
最近、小遊三がおもしろいんだよ。
って、言ってる場合じゃない!
ひえぇー!こわい!
なんか見えない圧力みたいなものを感じる。
これからはますます自身の発する言葉に慎重にならないといけないな…。

ちょっとここらへんでまた褒めておこうかな。
この前のTBS選挙報道よかったよ!
爆笑問題太田光さんが、TBS系で放送された衆議院選挙特番「選挙の日2021」内にて、自民党二階俊博前幹事長を挑発してたアレ!
「人相悪いですね」
「良い意味でも"悪い意味でも"(古くさい変わらない自由民主党の)象徴じゃないですか二階さん」
「いつまで政治家続けるつもりですか」
二階さんキレてたな。
あれでもまだかなり抑えてたほうじゃないかな。
でもさ、二階さんもったいないよなぁ。
あれ、チャンスだったのに。
ああいう挑発をされても耐えて笑顔で流していれば「おっ、この人なかなか器が大きいな。」って思ってもらえて、自身の評価が上がるのに。
案の定、沸点が低いから予想通りすぐ感情的になっちゃった。そしてああいう結果になった。
でもテレビ局サイドからしてみれば、ああいうの放送したらまた視聴率取れるんじゃない?
"良い"か"悪い"かは置いておいて…。
なぜなら、今ちょっと調べてみたら「政治家に対して失礼だ」みたいなクレームがいっぱい行ってるようだ…(苦笑)
この話はもうやめとこ。
また違う意味で色々とほじくりかえしてしまいそうな気がするから。

話を戻す。
私、TBS天気さんが公開してくれる気象予報士の動画が大好き!
山下佳織さんの動画がたくさんあって嬉しくなっちゃう。
山下さんの動画って、自然と見入っちゃうんだよね。
あの子っていつもニコニコしていて、ただそこに存在してくれているだけで心が和むし、
こちらも自然と笑顔になって、明るい気分になれる。
TBS天気さん、だ~い好き!
ハズキルーペよりも、だ~い好き!
他にも、
日比麻音子さん、
宇賀神メグさん、
山本恵里伽さん、
皆川玲奈さん、
良原安美さん、
近藤夏子さん、
田村真子さん、
篠原梨菜さん、
若林有子さん、
齊藤初音さん、
挙げていったらキリがないくらいTBSの女性アナウンサーみ~んな大好きだし、
え、えーっと、江藤愛さんも大好き!

とにかく、私はTBSを割とよく視聴している。
毎週日曜日の朝にTBS系で放送されてる「サンデーモーニング」もそう。
反日番組だとか張本勲がどうたらこうたら言ってる人はたぶん毎回チェックしている熱心なファンだと思う。
残念ながら私はそこまでチェックしていないから詳しくない。
でも日曜日の朝はその番組にチャンネルを合わせることが多い。
セットが気に入ってるのでいつもセットを眺めている。
杉浦みずきさんも好き。

TBSの女性アナウンサーが"一般人の通行人"扱いでNHKに映り込んでいるのも見た。
・・・あ、これはNHKを観ていることになるか!?
墓穴掘ってしまったな。
これ以上言うのやめとこう。

それにしても、最近は可愛い気象予報士が増えてきたよなぁ。
現時点で気になっている人としては、
○平出真有(ひらいでまゆう)さん
○市村紗弥香(いちむらさやか)さん
平出さんは直立しているときに両手を前でちょこんと揃えているところがかわいらしい。
市村さんは笑顔のときと真剣な表情のときのギャップと、マイクを持つとき力がギューって入っている(ように見える)ところがかわいらしい。
「好きな気象予報士リスト」というのを作ってみたから、そこから何人かチョイスして「奈良岡希実子さん」シリーズの続編を始めるのもいいかなと考えたけれど、
上記のお二方もNスタのSUNトピ同様、たぶん関東ローカルでしか見られないと思う。
私が見たのは静止画だ。これまで私は静止画でしか拝見したことがない。
見られないんだったら細かいところまで観察できないし、書けないよね。
こんなんばっかだよ。
 …悲しい…悲しいなぁ by ドルマゲス
とやかく言ってても始まらない。
ツイッターに公開してくれてる山下佳織さんの動画だけで我慢しよう。
特にお気に入りの動画は、佳織さんが風車をフーフーしてる動画と、ツボの動画。
あの子は一つひとつの仕草が可愛すぎる。
あれは狙ってやってるのか?
それとも普段から自然とああなるのか?

ということで今回の記事は以上。
希実子さんのことほとんど書けてない。
たとえるならば、今回の「美少女戦士セーラームーン」にはセーラームーン月野うさぎ)がほとんど出てきませんでした・・・みたいな感じ。
 キミニャン、怒ったかな? ごめんちゃい!
 希実子さん、TBS天気さん、ありがとう!

f:id:tokumei_wa_kazutaro:20211105233243j:plain