沈黙と受容と感謝

沈黙と受容と感謝

特命和太郎のブログ

<提案> 五輪 新競技

オリンピックで、追加してもらいたい新競技を考えていた。

変顔対決

 タイマンでそれぞれ交互に変顔を披露する。
 持ち時間は1ラウンドそれぞれ30秒ずつ 合計3ラウンド

 相手が少し笑えば1ポイント獲得!
 相手が爆笑すれば3ポイント獲得!

 変顔を見せられているほうは高性能コンピュータで監視されているから、
 違うところを見ていたり、目を閉じていたり、まばたきばかりしていたりすると、それぞれ減点対象。

 変顔をする側も、手や道具を使うのはOKだが、それを1回使うたびに1ポイント使用する(マイナス1ポイント)。

 細かいところは審判が的確にジャッジする。
 異論があれば「異議あり!」と言えば、審判団がVRで協議する。
 最終的にポイントの多い方が勝利。
 3ラウンド終了時にポイントが同じだったら延長戦に突入。

 金メダルを獲得しても素直に喜べない。

- - -

口臭対決

 タイマンでそれぞれ交互に口臭を相手に吹きかける。
 持ち時間は1ラウンドそれぞれ30秒ずつ 合計3ラウンド

 相手が少し笑えば1ポイント獲得!
 相手が嫌な顔や苦しそうな顔をすれば3ポイント獲得!
 相手がぶっ倒れたり、降参したりすると、その時点でKO勝利!

 嗅がされているほうは高性能コンピュータで監視されているから、
 呼吸を止めていたら減点3ポイント!
 鼻腔に香水などを塗りたくっていたり、鼻栓をしていたら即失格!

 嗅がせるほうも、競技前に"ウンコ"などを食べていたらそれはドーピングと見なされ失格!

 細かいところは審判が的確にジャッジする。
 異論があれば「異議あり!」と言えば、審判団がVRで協議する。
 最終的にポイントの多い方が勝利。
 3ラウンド終了時にポイントが同じだったら延長戦に突入。

 金メダルを獲得しても素直に喜べない。

f:id:tokumei_wa_kazutaro:20210730185616j:plain

変な顔と臭い息

 

 ↑ ↑ ↑

両種目に同時エントリーも可能。
両方で金メダルを獲得したら末代までの恥である。

しかし、これこそが平和の祭典ではなかろうか。
腹の底から笑うことができるかもしれない。
いつか実現することを心より願っている。

もちろん、私は参加しない。
なぜなら私だと予選ですぐ敗退してしまうから。
(とか言いながら参加した自分のオッズが0.3くらいだったら超ショックだろうなぁ…)

ちなみにここだけの話。
私が絶対に参加しない真の理由は、他人の恥を見て笑いたいから。(最低や~コイツ最低や~)

ただ、世の中には変わった人がたくさんいて、
臭い靴世界一を決める大会があるという話も聞いたことがあるから、
もしかしたら上記の大会も既にもうどこかで競技化&開催されている可能性もある。

何度も言うが、私は絶対に参加しないぞ。
金メダルを量産したくないからな。

- - -

※この記事にスターを付けた人は上記の競技実現&参加を熱望しているものと見なす

奈良岡希実子さん (17)

[はじめに]

このシリーズは…

※1
 内容のほぼすべてが奈良岡希実子さんのことなので、
 関係者以外の方や時間のない方は・・・う~ん、どうする?読む?
 読んでみたい方はご自由にどうぞ。

※2
 2020年の半ばあたりからその時々少しずつ書きためていた文章を、
 今の気分で適当に抜粋して公開している。
  誤字脱字
  つながりのない箇所
  重複している箇所
  順番が逆になっている箇所
  読みにくい箇所
 …などなど入り交じっているかもしれないし、
 「です・ます調」と「だ・である調」が混在していたりするかも。
 書き方はエッセイみたいな感じ。

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

私は以前から、
有名人一般人問わず、好きな人の長所・私が良いと感じたところはバンバン褒めるタイプ。
これまで、ショップ店員や歯科医師など、
とても良い接客をされる方や人当たりの良い方を何人も見てきて、
まれにそのことを直接伝えたこともあった。
喜んでもらえたときは自分も嬉しい!

・・・だが、
残念ながら、ここ最近…もう何年も前から物騒な世の中になったため、
今はよほど気の置けない人に対してしかそういうことは言わなくなってしまった。
見ず知らずの人を褒めて結果的にそれで嫌がられたら、
もちろん相手もイヤだろうし、
こちらもイヤな気分になり、
お互いマイナスになってしまって誰も得しない。

だって声かけをして、
○相手が女性の場合→ こちらが「ストーカー」とか「変質者」と思われる危険性がある。
昨今、マジでコワイ事件や陰湿な犯罪者も増えているし。
○相手が男性の場合→ こちらが「ゲイ」みたいに思われる危険性がある。
「やらないか?」なんて言われて迫られたらコワイし。

これらのこと、
気にしすぎと思われるかもしれないけれど、それくらい用心するに越したことはない。
実際にいろんな人がいて・・・
ここでいう「いろんな人」というのは「変わった人」という意味で、
悪さをする人と、被害妄想の人と、とにかく様々な人たちのことを指す。
事実、人によって解釈の仕方は十人十色・千差万別だからね。
もしかしたら自分こそがおかしいケースだってあるかもしれない。
だから自分は加害者にも被害者にもならないよう常に気をつけている。
石橋を叩き壊して回っているよ。回していくか!回して!

知らず知らずのうちに人を不快にさせていないか、
用心深いのが行きすぎて被害妄想や自意識過剰になったりしていないか、
そういうことをたびたび考えている。
あまりどちら側にもいきすぎないようにしよう…と。

で、
純粋に相手を称賛する行為でも悪い結果になってしまうことだってあるという話。
本来ならば"良い行為"なのにそれを憚ってしまう、ちょっとイヤな世の中になったなぁとは感じるけれど、
なんでもかんでも世の中の流れに逆らって生きるのも良いとは思わないし、現実は受け容れたほうがいい。
ここでいう「現実」ってのは、「今はちょっとコワイ時代」ということ。
現時点の私は今の時代をそう捉えているから、
「コワイ時代」に対応した生き方を心がけよう、と。

そうはいっても、
見方を変えたらこれは「膿み出し」の時期とも捉えられ、
そういう風に考えると、総合的&最終的には時代は良くなっていってるとも考えられる。事実そう思っている。
地球も人類もどんどん浄化されていっている。

さて、
相手にとって本当に良いこととは何なのか、相手が本当に喜ぶことは何なのかの見極めができるようになりたいなぁと思う、今日この頃である。
まぁこんな感じ。
昨今はあまり面と向かって人を褒めなくなった理由は以上。

私は人を見る(観察する)ときに、
その相手の良いところも悪いところも見つける癖がある。
決して「人間観察が趣味です」ってわけではないが、結果的にそうなっている。

相手の良いところに関しては、
あるときから上記のような理由で私は相手を褒めることを減らした(やめざるをえなくなった)代わりに、
自分がその相手の良いところを参考にして取り入れ、どんどん吸収し実践するようにした。
それをすることで、その相手に直接"褒め言葉"を伝えられなくても結果的にその相手の人をリスペクトしたことになるし、
それで自分が良い方向に変われたのなら自分のためにもなり、
相手のおかげで自分が変われたのならば相手もハッピーになる。
お互いが(見えないところで&宇宙の法則で)徳を積むことになる。
これならば押しつけにもならないし迷惑にもならないし、むしろ両者にとってすごく良いこと。
強いて言うならば、相手に直接伝わらない・伝えられないのが残念ということ。

相手の悪いところに関しては、
"反面教師"にして自分はやらないように気をつける。

で、
奈良岡さんの悪いところはドコなのかというと・・・
接点がないから当たり前っちゃー当たり前だけど、
奈良岡さんの悪いところは現時点でまったく見当たらない。
本人曰く。
「本番中にカメラの前を横切った」
 ・・・何が問題なんだ?
「私はよく噛む」
 ・・・噛んでいるところを見たことがないぞ?
ミヤネ屋での出番は数分しかないのでそんなに長い時間話しているのを聞いたわけではない私が言っても喜ばれないかもしれないが、奈良岡さんはむしろしゃべりが上手という印象がある。
話している言葉がとても聞き取りやすい。α波が出ている。
奈良岡さんは内面も外面もどちらもすごく魅力的な方。
奈良岡さんの、豊富な知識とか物事に対する姿勢とか、あらゆる箇所が参考になるのでたくさん吸収したいと思っている。
 (それを吸収できるだけの器を私が持ち合わせているかどうかが問題だ)

過去の記事にも書いたけど、キミニャンの悪いところも見せてほしい。
それも含めて好きになりたいから。
ん?
悪いところは大切な人にしか見せないって?
きー! くやしー! うらやましー!

もし噛んでしまうところを気にしすぎていたり、ミスしてしまいそうでこわいときがあれば、
そういうのはむしろ気にせずバンバン出して見せて欲しい。
専門職のアナウンサーでもめちゃくちゃ噛んでる人いるぞ…。
 (誰かは言わん!)
ま、少なくとも私の場合は、しゃべりでミスがあってもだいたい伝われば・理解できれば、特に問題だと感じないから気にしないでくれ。
それどころか、つらいことがあったときや不平不満を吐き出したいとき、
私でよければ罵声を浴びせてストレス発散してもらいたい。
(決してマゾではない!)
遠慮なんていらない。だってそれは私が一方的にガマンするわけではないから。
ナラキミの声を聞けるなら私にとってもハッピーで、WINWINだ♪

でもな~
そういうの(「気にしない」)って、結局はその相手を好きか嫌いかだと思う。
好きな人がやったら「可愛い!」ってなるし、
嫌いな人がやったら「ちゃんとやれよ!」ってなりそう。
それ言っちゃったら身も蓋もないけどな。

次のことも過去の記事にて書いた。
 奈良岡さんのプロフィール「友人に恵まれています。困ったときは助けてくれて、感謝感謝です。」に関して、
 『奈良岡さんはきっと内面も素晴らしい方なのでしょう』と。
 そのときは奈良岡さんにだけ注目していたからそれで終わっていた。
 しかしこのごろ、
 そのお友達たちの方々はどんな人なんだろう、
 奈良岡さんが「恵まれている」とおっしゃるくらいだからその人たちはどれくらい素晴らしい人たちなんだろう、
 と、少し気になったりしている。
 私は奈良岡さんを見ていてイイなぁと思ったところは取り入れるようにしているから、
 もしそのお友だちの方々のことも知る機会があればどんどん参考にして吸収したい。
 本当にどんな人たちなんだろう??

奈良岡希実子さん (18)

[はじめに]

このシリーズは…

 (「注釈」は毎回書いているから今回はカット!)

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

私のボキャブラリーでは奈良岡さんの魅力を表現しきれない。
いや、私のボキャブラリーの問題ではない。
この地球上のあらゆる言葉を使いこなしたとしても、希実子さんの魅力は表現し尽くせないだろう。
希実子さんの魅力に、地球上の言葉が追いつけていない状態なのだ。

 ↑ 
 あとから読み返して恥ずかしくなった箇所。
 こういうことがあるからよく言われるんだよな。
「夜に手紙を書いたらそれを次の日すぐ相手に渡すのではなく、もう一度冷静になって読み返そう…」と。

話を戻す。
可愛い」に関して。
普段たくさんの人からいろんな場面で何度も「可愛い」と言われてる人にとって、
「可愛い」と言われることは・・・どうなんだろう?
特にそれがメディアに出ているような人…たとえばアイドルとか女優の場合はなおさら
「可愛い」と言われても、それほど嬉しくないんじゃないかな。
もちろんイヤでもないだろうけど、あまり新鮮味はないというか、感動はしないんじゃないか。
仮に、
一人の人からしか「可愛い」と言われていない人物と、
2,000人くらいの人から「可愛い」と言われている人物を比べた場合、
単純計算で、
後者の一人分の「可愛い」という言葉は、
前者の一人分の「可愛い」の1/2,000のパワーしかないのではないか、と。
割合で捉えたらそうなりそうな感じがする。
ということで、普段「可愛い」と言われ続けている、言われ慣れている人に対しては、
「可愛い」と言うのをやめようかな・・・。
だって言われてもさほど驚きも嬉しさもないでしょ?
ナラキミの場合はあちこちで「可愛い」って言われてるからな。
ではどうしようか?
なんか違う言い方ないかな?
・・・みたいなことを考えていたら、冒頭のような流れになった。
だからといって「キュート」とか「プリティ」とか、そういうことじゃないんだよなぁ。
う~ん、どうしましょ。



いろいろ調べて出た結論は…

愛敬(あいぎゃう/あいきょう)

 …に決定しました!

<意味>
親愛と尊敬の念を持つこと。
人から愛され敬われること。
女性への褒め言葉。
姿形、顔つき・振る舞い・性格などが、やさしく愛らしいこと。
接すると好感を抱かせる柔らかな様子のこと。

室町時代から使われている言葉だそうだ。

ナラキミ子ニャンは、愛敬だニャン

奈良岡希実子さん (24)

[はじめに]

このシリーズは…

※1
 内容のほぼすべてが奈良岡希実子さんのことなので、
 関係者以外の方や時間のない方や興味のない方は読まなくても大丈夫だなもし。
 気になる方はご自由にどうぞ。

※2
 2020年の半ばあたりからその時々少しずつ書きためていた文章を、
 今の気分で適当に抜粋して公開してるべ。
  誤字脱字
  つながりのない箇所
  重複している箇所
  順番が逆になっている箇所
  読みにくい箇所
 …などなど入り交じっているかもねかもねそうかもね。
 「です・ます調」と「だ・である調」が混在していたらどうしましょ。
 書き方はエッセイみたいな感じだわさ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

あるとき、珍しく奈良岡さんがブログで立て続けにネガティブな内容を投稿&心境を吐露されていた。
「なにもおもしろいことがない」って。
それ見たとき
なんというか
どう表現していいのかな
 希実子さんのそういうところもめちゃくちゃ可愛いなっ
 この人をおもいきり笑わせてみたいなっ
 愛おしいなっ
…と、強く思った。
もし、自分の名前と顔が知れているから言いたくても言えないことがあるのならば、
匿名でブログを始めて色々と書いてみるのはどうか。ぜひ読んでみたい。
もちろん、匿名で始めるとしたらそれを探し当てるのは至難の業だが・・・。

数日後、今度はポジティブな内容の記事を投稿されていた。
ほんの少し心配していたから、元気そうで良かった。

ふと思った。
有名人の方々へ・・・
 A,名前を出した状態
 B,名前を伏せて一般人のふりをした状態
2パターンでブログや動画などSNSをやってみてほしい。
もちろんBの場合は"絶対に"素性がバレないようにという条件で。
それで、アクセス数や評判にどれくらい差が出るのか…。

たとえばそれを閲覧した同一人物が、
 Aのほうに「すっごく大好きです!」みたいなこと書いてきて、
 Bのほうに「つまんねぇんだよ!」みたいなこと書いてきたら、
・・・なんだか人間不信になっちゃうかもしれないね。
「あの~、どっちもワタシなんですけど…」って言い返したくなっちゃうよな。

とある有名作家さんに直接聞いた、本当にあったとやらの話。
アメリカでの出来事。
某有名作家が名前を隠して一般人のふりをして出版社に寄稿した。
 そしたら「無理だ!」と、一切読まずに門前払い。
同じ人が今度は名前を出した状態で出版社に寄稿した。
 そしたら「すごい!」と、一切読まずに採用決定。
これが何を意味しているか。
どっちも共通している点として、出版社・編集者は一切中身を読んでいない。
要するに、内容ではなく名前で選んでいる。
売れるならば中身はどうだっていい。
逆に売れないなら中身が良くてもダメ。
売れるためには名前が必要。
名前が大事。
表面が大事。
見た目が大事。
世の中を見ていたらそういうところあるよなぁって思う。
もちろん、ある程度有名になるまでは確実に本人の努力。
しかし、ある時点から先・・・2作目や3作目、もしくは別分野での活躍などは「ん?」と思っちゃうような点が多々ある。
でもそれが現実。
同じ内容のものを出しても有名か無名かだけで全然違う。
もっと言うならば、しょーもないものでも有名ならばある程度売れる。
それが現実。

ただ、こういう話をしたり、「世の中不公平だ」なんて言おうものなら、
「嫉妬している」「不平不満はやめろ!」で終わりだろう。
だからワタシはあまりその方向のことでギャーギャー言わないようにしている。
でも上記の例を挙げると納得する人も多いのではないだろうか。
世の中、そんなものである。

奈良岡希実子さん (14)

[はじめに]

このシリーズは…

※1
 内容のほぼすべてが奈良岡希実子さんのことなので、
 関係者以外の方、興味ない方、時間のない方は読まないほうがいいかも。
 読んでみたい方はご自由にどうぞ。

※2
 2020年の半ばあたりから少しずつ書きためていた文章を、
 その時々の気分で適当に抜粋して公開しています。
  誤字脱字
  つながりのない箇所
  重複している箇所
  順番が逆になっている箇所
  読みにくい箇所
 …などなど入り交じっているかもしれません。
 「です・ます調」と「だ・である調」が混在していたりもします。
 書き方はエッセイみたいな感じ。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ミヤネ屋での奈良岡さんの衣装、どうやらご本人ではなくて裏方さんが考えてらっしゃるようだ。
ということは、希実子のコーディネイト=キミコーデではなかったということだな。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

奈良岡さん、「セーラームーン」がお好きらしい。
その中で特に好きなキャラが、セーラームーンセーラーヴィーナスなんだってさ。
私なら即答でセーラーマーキュリー水野亜美)一択だ。
私は決してミーハーではない。
むしろ大衆の意見とは合わないことも多い。
だからセーラー戦士の好みは、たまたま世間一般・大半の好みと合致しただけ。
なぜだか「セーラームーン」に関しては昔からマーキュリーが好きだった。
マーキュリーが敵の攻撃によって縛られているシーンは良かったな・・・❤

ところで…。
亜美ちゃんって、ちょっと希実子さんとタイプ似てるんじゃないかな?
可愛くて、物静かで、知的なところが。
ナリャキミ、ブログやツイッターではものすごく慎重に言葉を選ばれている印象がある。
余計なことや無駄なことは言わない。
偉いのに威張ったりもしていない。
私がキミニャンの立場だったら威張っていたかもしれない。
「私は合格率が約5%しかない気象予報士の資格を持っております、おほんっ!
 とっても偉いのでありますです、はい。
 フェーン現象というのは反抗期の偏西風が反乱を起こしている状態であります。」
…などと、専門用語をバンバン使って自身の知識をひけらかすイヤな奴になっていたと思う。
 (上記の気象に関する書き込みはテキトーなので信じないでネ)

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「Nスタ」という番組の頭文字のNはもしかしたら「奈良岡(NARAOKA)」のNじゃないのか?
ロールプレイングゲームでいうと、最強の裏ボスみたいなもんだよ。
ダイの大冒険」で言うとあのキャラクターがまさか・・・あんなことで・・・こんなことに・・・といった感じか・・・
おっと、やめておこう!
かなり前の作品だからネタバレとはならないと思うけど、
原作もリメイク版もまだ見ていない人がいるかもしれないからな。
まだ読んでないマンガのネタバレされたときのショック度は半端じゃない。
かなりガックシくるからね。
自分がされたことあるから気をつけてる。
特に「キン肉マン」みたいに今でも連載が続いている作品に関しては特に注意が必要。
発言するときは本当に気をつけたほうがいい。
「○○というキャラクターが□□巻に出てくる」とかそういう話題はNGだ!

めがみめぐり <ぶ>

めがみめぐり

 機種:  ニンテンドー3DS
 メーカー:CAPCOM

これまでに私がツクモに教えた(覚えさせた)言葉を公開していくシリーズ!

 ※1:一つの言葉が10文字までという文字数制限がある
 ※2:重複している言葉があるかもしれない
 ※3:順不同
 ※4:個人情報が特定できる言葉とゲーム内で強制的に覚えさせられる言葉は省く
 ※5:下ネタ+卑猥な言葉は一切覚えさせてない

- - -
<ぶ>

 物産展
 物質
 物体
 武家
 武士
 武士道
 武将
 無精髭
 豚
 豚肉
 部長刑事
 部品
 文鳥
 文通
 文才
 文庫本
 ブックカバー
 ブックオフ
 ブッシュマン
 ブッシュ大統領
 ブッダ
 ブッチャー
 ブーケ
 ブーツ
 ブータン
 ブーメラン
 ブブゼラ
 ブラゼル
 ブラック
 ブラック星人
 ブラックテリナ
 ブラックエンド
 ブラックジャック
 ブラックドーム
 ブラックドラゴン
 ブラックホール
 ブラッドピット
 ブラジリアン柔術
 ブラジリア
 ブラジル
 ブライアン
 ブライアント
 ブライトマン
 ブラインド
 ブラシ
 ブランド
 ブリーフ
 ブルーウェーブ
 ブルース
 ブルースリー
 ブルータス
 ブルートレイン
 ブルードラゴン
 ブルーマウンテン
 ブルーマン
 ブルーレイ
 ブルズ
 ブルゾン
 ブレーブス
 ブレス
 ブレスオブファイア
 ブレスレット
 ブロック
 ブロッコリー
 ブローチ
 ブロードバンド
 ブログ
 blog
 V6
 Vジャンプ

- - -
今回の感想

 昔「Vジャンプ」の懸賞で、
 SFC用ゲームソフト「ファイナルファンタジーⅥ」当たりました。
 とても嬉しかったです。
 当時の編集者の方々、ありがとうございました。
 あの頃のFF6を遊んで楽しんでいた時間、友達、思い出は今でも大切な宝物です。
 (「週刊少年ジャンプ」のほうも同時に応募したからソッチで当たった可能性もある)

奈良岡希実子さん (25)

[はじめに]

このシリーズは…

※1
 内容のほぼすべてが奈良岡希実子さんのことなので、
 関係者以外の方や時間のない方は読まなくても大丈夫です。
 時間を大切になさってください。
 読んでみたい方はご自由にどうぞ。

※2
 2020年の半ばあたりからその時々少しずつ書きためていた文章を、
 今の気分で適当に抜粋して公開しています。
  誤字脱字
  つながりのない箇所
  重複している箇所
  順番が逆になっている箇所
  読みにくい箇所
 …などなど入り交じっているかもしれません。
 「です・ます調」と「だ・である調」が混在していたりもします。
 書き方はエッセイみたいな感じ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

希実子さん、先日(2021年6月24日)ひさしぶりに「ミヤネ屋」に登場!
ミヤネ屋スタッフなどなかなか会えなかった人にも久しぶりに会えて、
ソーシャルディスタンスのためにしなかったけど抱きつきたいくらい嬉しかったんだって。
大好きな人と会えることが幸せ・・・かぁ。
…はぁ。
俺にも抱きついてほしいなぁ。

ん?
好きじゃないからムリって?

俺はナラキミのこと好きだから、じゃあ俺のほうから抱きつこうか? 

ん? 
奈良岡さん、急にスマホ取り出してどうしたんだ?
 
ん?
何かボタンを押してるね…

・・・・・1・・・・・1・・・・・0・・・・・!?

 『待てぇ~い!』ε=ε=ε=┏( ・_・)┛   ε=ε=ε=┏(゚ロ゚;)┛『逃げろぉー!』

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ニャラキミがブログにて、
「本が好きだから哲学書も読もうと思ったけれど、小難しいことを考え出してしまいそうなのでやめた。」みたいなことを書かれてた。
でもキミコさんのように偏差値70オーバーの人だったら、哲学書といえど数回読めばすぐ理解できそうな気がする。

私は何年も前に、純粋理性批判の完全解読書を買って読んだけれど、最初の1/20くらいの時点でずーっと止まったまま。
「これ、本当に"完全解読"なのか?」と疑問を持ち、Amazonのレビューを調べたら、
「完全に解読されていない」「著者は理解できていない」「説明が分かりづらい」という意見があった。
「私だけじゃなかったんだな」と、少しホッとした。
もちろん「分かりやすい」という書き込みもあったし、私もそう感じた部分はあった。
ただ、難解だったのは事実。

本にしろ説明書にしろ、書いている人は「自分は理解している」立場で書く。
できれば、「理解できていない人」の立場を想像しながら書いてみてほしい。
たとえばだけど、いきなり専門用語や難解な言葉が出てくる場合がそう。
書いてる人はわかってて書いてるから「理解できて当然だろう」前提で書いているけれど、
読んでいる人の中にはそれすらわかっていない人もいる。
だからそのとき
「おいおい、まずその言葉の意味がわからないから、その言葉の意味から書いてくれよ!」とツッコミたくなる。

昔、ケータイの使い方がわからなくて説明書を読んだとき、
何もわからないから説明書を見ているのに「メニューを押してください」って…
「だからそのメニューがどこにあるからわかんねぇよ!」って言いたくなった。
「メニュー」って書いてあるボタンはなかったからね。場所がわからんのよ。
「バカか?」と言われるかもしれないけれど、それに対する返答はただひとつ。

「はい、バカなんです。」

だって、理解できていない状態=「バカ」だから説明書を読んでるんだよ?
「バカか?」という返しをもしされてしまうならば、
私から言うとその返しこそあまりにも"バカ"すぎるんだよね。
要するに「バカと言う奴がバカ」状態になっていることに気付いてほしい。
理解できない奴がバカ、というよりも、説明下手な奴がバカ、って感じ。

 ※世の中にはめちゃくちゃ分かりやすい説明書もあります。
  ポジティブなことも書いておかなきゃね。

で、
哲学書って理解するのに大きな壁がいくつもあると思う。

 1,まず哲学自体が難しい
 2,その哲学を生み出した人自身がその哲学をどれだけアタマで理解できているか
 3,その哲学者がアタマの中で理解したその哲学をどれだけうまく言葉として表現できるか
 4,その哲学者が外国人だとしたらその外国語の哲学書の内容を日本人の訳者がどれくらい理解できるか
 5,その訳者が理解した哲学の内容をどれだけうまく日本語として表現(翻訳)できるか
 6,その日本語版の哲学書を読者がどれくらい理解できるか

思いついただけでもこれだけ壁があるんだから、どこかで壁にぶつかって内容がごちゃごちゃになりそう。

カントの純粋理性批判に関していえば、
私は、
感性・悟性・理性って、
ブッダが言う「無」のように、
「ここにあるわけでもないけれどないわけでもない」に似ているなぁ~と理解した。
この解釈で合ってるのかどうかは分からない。
とりあえずそんな感じで私は捉えた。
現時点ではそれで満足している。

キミコさんにはぜひ哲学書を読んでもらいたい。
そしてわかりやすく教えてほしい。
いや、哲学書ではなくてもいい。
津軽弁講座」という本を出して欲しい。
ソレを読んで、あたすも津軽弁を理解したいだぎゃー。(津軽弁のつもり)

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
ちょっと気になったこと。
このブログ内の奈良岡さん関連の記事が検索サイトでどれだけヒットするか…
試しにGoogleで検索してみた結果、
どれだけやってみても「奈良岡希実子 (2)」「奈良岡希実子 (3)」しかヒットしなかった。
もっと長文の記事をドカーン!と公開したほうがいいのか?
そのほうが検索サイトに引っかかってくるのか?
実は・・・
こうやって小出しにしている記事…
本来は6月21日・奈良岡さんの誕生日に全部ひとまとめにして公開する予定だったのだ。
ではなぜそうしなかったかって?
…あまりにも長文だったからだ。
万が一いつかご本人がそれを目の当たりにするときが来たとして、
「…えっ、やだ…なにこれ…。すごく長い。超キモいんだけど…イヤー!!」
みたいになって引いてしまう可能性がある。
もしかしたら私のことを「オバケより気持ち悪い存在」として捉えてしまうかもしれない。
それだけは避けたかった。
だからあえて小出しにしたんだ。
…それが良くなかったのか?
まとめて出したほうがよかったのかな…。
でもなぁ、
あの記事、文字の総数が3万字を超えてたからな・・・。
いきなりアレを出されたらやっぱり引かれるだろ(苦笑
物事には順序というものがあるからな。
急がば回れ…だ。
ま、どっちにしても終わったことをとやかく言っても何も始まらない。
だからこれでいい。
このペースでこれからも公開していく予定だ。
ちなみに俺は、ご本人のツイッターやらブログやらインスタグラムやらには一切なにも書き込んでいない。
俺の汚れたオーラを希実子さんに触れさせたくないからだ。
オレは人を幸福になどできん。不幸にしかできないんだ。 by ヒュンケル

ん?ちょっと待てよ。
すごく気になってきた。
3万字を超える長文を一気に投稿するのも確かに気持ち悪がられるかもしれない。
でもその一方、小出しに20コも30コも新規投稿するのもそれに勝るとも劣らない・・・!?

あーやめやめ。
こんなこと考え出したら終わらない。
終わらないファンタジーが始まってしまう。(90年代のアニメか!)
なるようになる、なるようにしかならん。
もしご本人が嫌だとおっしゃるのなら、
そのときに「あ、そうでしたか。これまで気付かずにごめんなさい。」
と言って謝って、投稿するのをやめれば済むだけの話だ。
考えすぎはやめよう。
そういうのを『杞憂』と言う。

高校野球道CV

むかし大量に買って置いてあったWin95やWin98対応のゲームソフトたち…
この機会にWin10で起動できるかどうか片っ端から試していた。

まだ2割くらいしか試していないけれど、意外にもたくさんのゲームがフツーに起動できて遊べた。

その一方でまったくうんともすんとも言わないゲームや、
起動したあとフリーズしたり、文字化けしていたり、音飛びしたり、
最悪な場合はパソコンが面倒なことになってしまうケースもあった。

この「高校野球道CV」は完全に後者だった。
…いま変換したとき「校舎」と出て一瞬笑いそうになったが、
実際は笑い事ではなかった。

といっても、対応していないOSで起動させた私の問題であり、PCもゲームソフトも悪いわけではない。
みなさん、同じようなことを試す場合は気をつけてほしい。

f:id:tokumei_wa_kazutaro:20210705174009j:plain

高校野球道CV



タイトル   :『高校野球道CV』
ジャンル   :高校野球シミュレーションゲーム
OS     :Win95 / Win98 / 2000professional
CPU    :Pentiumプロセッサ133MHz以上
        MMX テクノロジーPentiumプロセッサ
        Pentium Proプロセッサ
        PentiumⅡプロセッサ
        PentiumⅢプロセッサ
        (互換CPUは動作保証対象外)
メモリ    :32MB以上
表示色/解像度:256色以上/800×600以上表示できる環境・ディスプレイ
ハードディスク:空き容量100MB以上
開発元    :日本クリエイト株式会社
販売元    :DigiCube(デジキューブ
   
 ※パッケージ裏面より

- - -

だが、収穫もあった!


www.youtube.com

昔からこのメロディがめちゃくちゃ好きだったから久しぶりに聴けて良かった。
この動画は自身のパソコンの中にも保存しておく。
しかし、音飛びがひどい…。
あまりにもひどかったのでCD-ROMの中からこの曲のMIDIデータ(KY03)を取り出して保存した。
ゲームはもう遊べないが、この音楽はまた聴くことができる。ラッキー♪
そして毎度お決まり…その音楽をループで延々と聴いている私!

昔のMIDI音源って、その時々によって微妙に音が変わったりする(バグ?)ことがあったのを思い出した。
常識的に考えるとそれは「悪いこと」なんだろうけど、
個人的にはそういうのは「味」を感じるし好きだったりする。